中古住宅の選び方

玩具の家

築年数に注目する

寝屋川では中古物件を購入し、古くなった設備をリフォームすることで、快適な生活を送ろうとする人が増えています。寝屋川で中古物件を購入するときには、建物の耐震性のことを考えて、耐震基準の変更があった1981年以降の物件を選びましょう。また寝屋川の築年数の古い中古物件は違法建築も多いため、購入する際は建築確認申請の書類を確かめましょう。中古物件はリフォームをする事で新築と同様の暮らしができますが、大規模な修繕が必要になると新築を購入した方が安くなります。そのため寝屋川で中古物件を探すときには、築年数が浅く大規模な修繕が必要ない物件を選びましょう。リフォームを前提として寝屋川で中古物件を探すときには、内装の表面に注目するのではなく、建物の構造や基礎に注目します。水周りの設備はリフォームで取り替える事で一気に雰囲気が変わるため、リフォームを行うことを考えている場合には、水周りの設備は重視しなくても良いです。また寝屋川で中古物件を選ぶときには、周囲の環境を確認して立地条件の良い物件を選ぶことが大切です。周囲の環境を調べるときには、不動産業者の話を鵜呑みにするのは避けて、実際に自分の目と足で調査するのがポイントです。中古物件の日当たりや周りの騒音、近隣住宅の雰囲気などは、現地に行って実際に肌で感じることが重要です。中古物件の住宅は構造が劣化したら建て替える事になるため、物件を選ぶときには再建築不可能な物件は避けましょう。

Back to Top